2017年07月31日

母親に愛されない私の生き甲斐

母はまだ生きていらっしゃいます

5月の上旬に、余命2~8ヶ月を1ヶ月に訂正したドクター、
だからもう母は本当に危ないのかと思ってた

母は私の事が嫌いで

嫌われてる私は
本当は私の事を大切に思っていると信じていたのに

やっぱり違っていました

まぁ世の中には母親に愛されない人は少なくはないし、
と自分をなぐさめて毎日暮らしているけど、

そう 毎日毎日苦しい

だからだと思う
甲状腺が腫れやすくなっていて
息苦しくて
目眩も続いていて
病院で薬もらったけど副作用も酷くて

お母さんより私の方が死んでしまいそうだと
本気で思った

体調が悪い私を見て
私の子供が何か考え事しているんじゃないかって
言ってきました

実はね と
母親との会話で傷ついた事、自分が悪かったんじゃないかと思うことなど、
子供に話しました
泣きながら

私の子供は、私には勿体無いぐらいに優しい人間で、
私にプラスの考えを与えてくれる
悩んだ時はいつも

私は子供には恥ずかしくて言えなかった母親との事だったけど、
ちゃんと考えてくれて、どうすれば私の気持ちが晴れて、
苦しみが無くなるかを教えてくれて
それから、すぅーと甲状腺の腫れが引いてくれた


それでも夜ベッドに入ると母親の事を思ってしまう
そして、私には勿体無いぐらいの子供がいるから
苦しい気持ちに絶対に負けないと
誰も責めずに穏やかな気持ちでいようと思い直す

母親に愛される事を諦めること
それが私には必要なんだろうな

母親に愛されなくても
私には人を愛する力はある

例え幸せが私に来なくても







にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
にほんブログ村






mariankata at 23:24コメント(0) 

2017年07月03日

こんな失礼な勧送迎会ってあるの? そんなことにも穏やかなダーリン

びっくりして
呆れて悲しくて笑っちゃいますよ

勧送迎会に呼ばれたんです

確かに呼ばれた…よね?

来てくださいって

なのに私だけ紹介されなかったんです



紹介…?

考えてみれば他の歓迎される人も紹介はされてないか


常識的に考えれば、まだよく知られていない人を紹介して、
その会に馴染ませるように配慮してから
出て行った人達に挨拶をさせるものですよね


なのに

出て行った人達から先に一言を言わせ、

歓談タイムがあり

来た人たちの寸劇があったんです

その寸劇は毎年恒例みたいで、
私も参加するはずのものだったようなのですが、
声が掛からず、
まぁ私だけ違う部署なので、勤務時間も違うし、
練習にも参加できないから気を利かせてくれているんだろうと
思ってました



その寸劇の中でお互いが名前を呼び合う事はあったけど、
一人一人の挨拶はなかったんです

もしかしたら、あの寸劇が紹介?

で、その寸劇に参加しなかった私の存在は忘れた?

いや、それならそれでいいんだけど
行かなきゃ良かった

おしゃれして頑張って来た私が滑稽で
もう二度と付き合わないわよと思っちゃった


次の日、
出勤した私に
昨日はお疲れ様でした~来て下さってありがとうございました~
っていう若い女子がいたけど、
はあ?って顔して、無視しちゃった

私、凄く憤慨しちゃって
同じ職場の別会社の人に話したら
そりゃ酷い!と一緒に怒ってくれたから嬉しかった

勧送迎会の中で、紹介してくれない事に気付いた人は何人もいたけど、
誰も何も言ってくれなかった事もショックだった

勤務時間は違うけど、毎日顔を合わせてたし、
挨拶は笑顔でしていたから皆さん私の事は知っているはず…


ちなみに私の息子に話したら
あり得ない、幹事が事前にしっかりチェックすべき事
といいながらも私の怒りを早く切り替えるように
優しい顔で促す


隆弘君は

神様的だから
誰が悪いって絶対に言わない
一緒に怒ってくれないから私が悪いみたいになる
(クスン)
酷いでしょ?私かわいそうでしょ?って言っても
その出来事よりも、私が何かに怒っていることを
なだめるように優しく頷く
一緒に怒ってくれないから、
いつもそうだから隆弘君まで憎らしくなる
そんな私の気持ちを知りながら、
私の好きなゲームを一緒にしようとアプリを立ち上げちゃったりしながら
私を子供扱いしているみたいに誘う

クスンクスン言いながら
隆弘君と一緒に寝転んで
隆弘君は私が見やすいようにタブレットを持ってくれて
一緒にゲームをする事になる

ゲームをすると私はすぐに笑っちゃう

やっぱり私は悪者だと反省する

やっぱり隆弘君は神様だと感心しちゃう




img20170703_073512




日光旅行








にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
にほんブログ村


mariankata at 07:23コメント(0) 

2017年06月06日

人に甘えられない時は犬に甘えちゃう

ダーリン、あなたは今何してますか?

今どこ?ってLINEすると
真面目に答えてくれる隆弘君


24歳の時に出会って、
今は30歳になった隆弘君

大人にならなくちゃって思う年齢かもね

言ってはイケナイセリフも吐かなくなった 
つい口が滑るって事なくなった


隆弘君は本当に優しくて
いつかブログにも書いたけど
私の欲しかった母親の愛情を
代わりにくれたような偉大な人

隆弘君は今は夢中で仕事していて元気だけど、
私が必要な時は全力で守るからね

時々色んな妄想してヤキモチ焼くけど
私が心から感謝している人だから
私に戦わない事と、感情を押さえて優しい心を持つ事を教えてくれた
恩人だから

今日の私は暇しています

母親の命の終りを迎えるときに側にいたいと思ったから
週末から休みを取っている

でもね
私の母親は

もう来ないで欲しいらしい

あまりに兄の事を大切に言うから

母親の好きな骨董品みたいな物と、私の事と、どっちが大切?って聞いたら、
どっちかなあ?って

じゃあそれ貰っちゃおうかなって言ったら、
キレられた

酸素のチューブつけてベッドに寝てたのに、
起き上がって私に襲い掛かってきた

怖かった

母親がナースコールも押して看護士さんも来た

私と妹のせいで病状が悪化したら困るから
私と妹は帰ることにした

妹は理解できなくて落ち込んでしまったから
暫く話をした

昔の事

私達って、子供を保育園に連れて行く時とか、
子供と手を繋ぐ事が嬉しかったりするじゃない
可愛くて愛しくて嬉しくて幸せで

でも、母にはそれが無かったよね
いつも迷惑そうで嫌そうで手なんて繋いでくれた記憶がない

子供の頃、下着さえもあまり買ってもらえなくて、生理用品も無くて

だから今さら何かを求めようとしても無駄というか無理なんだよね

う…ん と、妹

私は隆弘君と出会えてから隆弘君の優しい人柄のお蔭でそう思えるのであって

隆弘君と出会えてなかったら

私はもしかしたら事件を起こしてしまっていたかもしれない

母親に愛されないということは、
生まれた事がまちがいだったと思える事なんだから

全部否定されたら間違いは起こりうる


そんなわけで
今日は寂しい気持ちと一緒に暇してます

ペットに甘えて
ペットが困ってしまっていますimg20170606_133413












向こうに見えるのはAAAのライブのラストに降ってきたテープ

今年も隆弘君とAAAのライブに行くのです





mariankata at 13:36コメント(0) 
ブログ村ランキング
ニコット
また来てくださいね


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ